<< ジェムケリー伊勢丹店突入 | main | 倖田ジェムケリーCM >>

スポンサーサイト

  • 2013.09.25 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ハイソックス大論争

ルーズソックスの時代からしか靴下というものの移り変わりはしらないですが、
やっぱりハイソックスですよね。

私はハイソックスにはすごい思い入れがあります。

私が中学生だったときにはルーズソックス絶頂期だったので、
周りの学校ではルーズソックスの人ばかりでした。

そう、私のハイソックス話は高校生のときです。

ルーズソックスのブームが完璧に去り、時代はハイソックスへと変貌しました。

もうただ、うちの学校には問題がありました。

それは、

「靴下の色は白」

と決まっていたのです。

ハイソックスがはやるのはいいのですが、これに皆が大反対。

なぜなら、皆、紺のハイソックスがはきたかったからです。

えぇ、そこから狂乱の時代に突入しました。

紺のハイソックスをはいてきたら先生方の怒涛の突きですよ。笑

しかししかし、女子も負けてはいません。

「だって紺のハイソックスがかわいいんだもん」

の旗の元に一斉に立ち上がりました。

生徒総会はその話題ばかり。

男子は爆睡。

一部の男子がハイソックスに関する男目線のマニアックな意見を述べていただけ。

えぇ、狂乱です。笑

このハイソックス論争はなんと3年間に及びました。

ぇえ、始まったとき高校一年生だった私は即卒業です。汗

結局高校の制服に紺のハイソックスを合わせることはできませんでした。

うちの学校は進学校だったので、そこのところはむちゃくちゃ厳しかったんですね。

いやぁ、先生も意外と粘るモンです。

紺のハイソックスごときで。笑

結局、一部の先生とはとんでもない壁が出来ていましたね。

ホワイトマニアとか呼ばれちゃっていました。

かわいそうに。笑

ハイソックスが私の青春です。爆

スポンサーサイト

  • 2013.09.25 Wednesday
  • -
  • 17:38
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

selected entries
sponsored links
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM